Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
プチ音楽講座

ギターで簡単に弾き語りができる!初心者おすすめのやり方【3STEP】

STEP1.左手のコード「C」「F」「G」「Am」「Em」の5つを覚える

まず最初に何から手を付けて良いか分からない、という人の場合は、

左手で押さえるコード「C」「F」「G」「Am」「Em」の5つを一番最初に覚えましょう。

この5つの押さえ方さえ覚えてしまえば、スピッツ「チェリー」など、シンプルなコード進行の曲がとりあえず弾けるようになります。

右手は、最初はピックを持たずに、とりあえず指や爪で、ギターを持った時に一番上にある6弦(一番太い弦)からジャラ~ン・・と鳴らしてみましょう。

・最初の4小節をとりあえず弾いてみる(※スピッツ「チェリー」の場合)

左手で「C」を押さえて、右手でジャラ~ン。

『き~み~をわ~す~れ~な~♪』

左手で「G」を押さえて、右手でジャラ~ン。

『い~♪ま~が~』

左手で「Am」を押さえて、右手でジャラ~ン。

『り~くねったみ~ち~を~ゆ~♪』

左手で「Em」を押さえて、右手でジャラ~ン。

『く~♪』

とりあえずここまで出来たら、最初の関門は通過です。

これ以外のコードは、弾きたいアーティストや曲のコード表を調べて、必要なコードをその都度、覚えていくと良いでしょう。

 

STEP2.右手でジャカジャカやってみる(ストローク)

次は、右手でジャカジャカやってみる(ストローク)フェーズです。

ピックを持って弾くのも良いですし、著者のように手だけで弾くのも1つの選択です。

とりあえず一番最初は、上から下に振り下ろす「ジャーン」を、4分音符で1拍ごとに鳴らしてみましょう。

1.4分音符のみで、「ジャーン」、「ジャーン」、「ジャーン」、「ジャーン」・・・

2.それが出来たら、次は8分音符を組み合わせて「ジャーン、ジャッカッ」「ジャーン、ジャッカッ」・・

3.さらに今度は、16分音符を組み合わせて「ジャン、ジャン、ジャンジャカ」「ジャン、ジャン、ジャンジャカ」・・

16分音符まで組み合わせられるようになったら、ストロークの基本の関門も突破です。

ストロークを駆使して、サビでジャカジャカしてみた例。

 

STEP3.右手でポロロン♪とやってみる(アルペジオ)

バラードなどで大いに役立つ、アルペジオ

ピックでもOKですが、最初は指で覚えるとスムーズです。

指の押さえ方や奏法などは、きちんと調べて学ぶに越したことはないですが、

プロのギタリストを目指すのでない限りは、我流で弾くのも全然アリだと著者個人的には思います。

アルペジオを駆使して、ポロロン・・と歌い出してみた例。

これで、コード、ストローク、アルペジオとりあえず出来るようになれば、ギター初心者の一番最初の関門は突破、と言えるでしょう。

後は、好きな曲を演奏しながら、必要な技術や知識はその都度、身につけていけばいいのです。

素敵なギターライフを!