Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
歌の上達法

変幻自在!27種類のビブラートの出し方のコツと「3つの軸」【第7回】

ビブラートの種類を増やす方法とは?

ビブラートは、どうやって出していますか?また、何種類のレパートリーを持っていますか?

例えば、1人のプロアーティストでも、曲によってビブラートの波形を使い分けている場合が”実は”多いです。

じゃあ、その「使い分け」って一体何でしょうか?今回、「3つの軸」をもとに、解説していきます。

 

本編動画

 

今回のまとめ

☆「ビブラートの出し方、基礎編」

→まずは息だけから。犬の「ヘッヘッヘッ」のマネをしてみましょう。横隔膜を動かす感じです。(※正確には横隔膜ではなく「輪状甲状筋」という喉の筋肉を動かす、という見解もありますが、実際にビブラートを使う上での分かりやすいイメージは横隔膜、おなかです。)

【POINT1】犬の「ヘッヘッヘッ」のマネ。

→そこに声を乗せて行きます。はっはっはっ、…最初はスタッカートのようになるのを、だんだん繋げていくイメージ。

【POINT2】第1回「あくびの発声」を参考に。(+α 良い例&悪い例)

 

☆「ビブラートの音域幅」

「なし」「低め」「高め」の3パターンをまずは意識して、作ってみましょう。(+α キーボード使用)

 

☆「ビブラートの速さ」

→これも「速め」「普通」「遅め」の3パターンで作ってみましょう。(+α メトロノーム使用)

 

☆「ビブラートとエッジの切り替えの組み合わせ」

第6回で解説した「エッジの切り替え」を組み合わせて、「エッジ強め」(ロックなど)「エッジ弱め」(聖歌など)の3パターンを作ってみましょう。

3×3×3で27パターンのビブラートが作れますね。

 

☆「各アーティストのビブラート研究」

→以上、「音域幅」「速さ」「エッジ」の3つの軸をもとに、ビブラートのダイナミクスを解説しました。

これから、アーティストの音楽を聞く時も、この3つの軸を意識して、ビブラートを注意深く聞いてみると、ビブラートに対する理解がより深まると思います。

例えば冒頭でご紹介した「FAREWELL」のビブラートは、音域幅「低め」速さは「速め」エッジ「強め」。

 

次回予告

あわせて読みたい
誤解多し!?裏声の定義とファルセット、ミドルボイス、ヘッドボイスの出し方【第8回】「裏声」の本当の定義とは? 裏声は、どうやって出してますか? そもそも、音楽用語で良く言われる「ファルセット」って、何でしょう?...

次回は、「裏声(ファルセット、ミドルボイス、ヘッドボイス)」の出し方のコツをご紹介します。