Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
歌の上達法

盲点!?歌の距離感を効果的に伝えるコツ【第5回】

歌の「距離感」のイメージトレーニング

普段のボイトレの時、「距離感」をどれぐらい意識しているでしょうか?

カラオケ、ライブハウス、路上、イベントスペースなど。

それぞれのシチュエーションで、お客さんとの距離感って違いますよね。

そんな中で、より「効果的に」「ベストな距離感で」お客さんに声を届けるにはどうすれば良いでしょうか?

歌の距離感をつかむコツ

 

今回のまとめ

☆「距離感のイメージトレーニング」<※課題曲「卒業だね」>

まずは、1人暮らしの6畳くらいの部屋をイメージ。だんだん広げていきます。(イントロ)

→1人暮らし六畳(Aメロ前半)

小さなカフェ・レストランで5人くらいお客さんがいる感じ。(Aメロ後半)

小さなライブハウスで50人くらい。(Bメロ前半)

大きめのライブハウス、500人。(Bメロ後半)

東京ドーム5万人くらいまで広げる(サビ前半)

→だんだん戻ってくる(サビ後半)

【POINT1】最初は小部屋のイメージから、段階的に広げていく。

 

☆「音の方向(指向性)」

自分から「おうぎ型」に広がっていくイメージ。角度120度くらい。

歌声を届けたい人への角度や方向も意識。

お客さんの位置、歌う場所をリアルにイメージしましょう。

【POINT2】お客さんの位置、歌う場所をリアルにイメージ。

 

☆「動きと距離感」

有名アーティストのライブでも、歩き回って、お客さん一人ひとりの目を見て歌いますよね。

→たとえ出音はマイクとスピーカーを通していても、「一人ひとりのお客さんに」届ける気持ちで歌うと、声も伝わり方も全然変わって来ます。

お客さんの反応や表情もイメージしていきます。

【POINT3】お客さんの反応や表情もイメージ。

 

次回予告

あわせて読みたい
ロックから聖歌まで!歌の「エッジ」を使い分けるコツ【第6回】声のエッジはどう使い分けてますか? そもそもエッジって何?という方も、ご安心ください。エッジとは、「声のとがり具合」「喉の締まり具合」...

次回は、「声のエッジを使い分ける」ためのコツをご紹介します。