Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
歌の上達法

発声練習がつまらない!?知らないと損する超楽しい練習法【第4回】

「ドレミファソ~」にはもう飽きませんか?

普段の発声練習はどうやってますか?

唇をプルプルやる「リップトリル」、ハッハッハッとやる「スタッカート」、アアアアアーとやる「メジャースケール」、色々ありますよね。

「どれも大事だから、全部じっくり時間かけてやる!」それも1つの選択です。もちろん基礎は大事です。

しかし、限られた時間の中で、「もっと早く」、かつ「楽しく」「飽きずに」上達出来る発声練習があります。

それは、「今日歌いたい曲」から逆算して、「メロディを作りながら」発声練習すること。これを日々繰り返せば、

曲ごとに色々なキーのスケールで練習が出来ますし、ボーカルアレンジや、作曲の練習にもなります。

 

本編動画

 

今回のまとめ

☆「今日歌いたい曲のキーは?」<※課題曲「ファイアワークス:A♭」>

歌いたい曲のキーを探しましょう。キー探しが苦手な方は、スマホでググっても良いです。

まずは、移動ド。「あ~」じゃなくても、「た~」でも、「は~」でも、色々やってみましょう。

そこからメロディを広げていきます。(移動)ド~レ~ミ~♪  ド~ミ~ソ~♪

自分でメロディを作ってみましょう。スケールも自由に。本当に遊ぶ感覚です。

【POINT1】移動ドから、メロディを自由に広げていく。

「スタッカート」

→自分で作ったメロディに、「ハッハッハッ」のスタッカートを乗せてみましょう。

「音程跳躍」

→音程を跳躍させてみましょう。5度跳躍、オクターブ跳躍・・。

【POINT2】「やらなきゃ」と義務化せず、遊ぶ感覚で楽しむ。

「エッジ」

→中級者以上の方は、声のエッジの切り替えをしてみましょう。

「ファルセット」

→中級者以上の方は、メロディにファルセットを組み込んで行きましょう。

→「エッジ」「ファルセット」については、次回以降また詳しく解説していきます。

 

次回予告

あわせて読みたい
盲点!?歌の距離感を効果的に伝えるコツ【第5回】歌の「距離感」のイメージトレーニング 普段のボイトレの時、「距離感」をどれぐらい意識しているでしょうか? カラオケ、ライブハウス...

次回は、「声の距離感のダイナミクスを広げる」ためのコツをご紹介します。