Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
プロデュース

好きなことを強みに変えてテレビに出る方法【第2回】

好きなことをリストアップしてみる

あなたがテレビに出演したい場合、何を「強み」にして出たいでしょうか?

「強み」は「切り口」と言い換えても良いです。

例えば歌が好きな人だったら、「歌」が切り口。

教える事が好きな人だったら、「教育」が切り口。

漫才が好きな人だったら、「漫才」が切り口、という風に。

そこで、まずはあなたが「好きなこと」をメモ帳や携帯メモにリストアップしてみましょう。思いつく限り全て

☆強みのもと(好きなこと)リスト☆

【            】【            】

【            】【            】・・・

こんな感じです。

 

「強み」ランキングのトップ3を書き出す

次に、その中から、あなたが「これを強みにしたい」と思うものを、トップ3まで書き出してみて下さい。

☆強みランキングトップ3☆

【トップ1】【            】

【トップ2】【            】

【トップ3】【            】

もし、あなたがここで、「自分には何も好きなことが思いつかない」と思われた場合も、落ち込む必要はありません。もっともっと、自分の中でのハードルを下げて良いのです。

例えば僕の場合だと、次ページのような感じになります。

☆強みのもと(好きなこと)リスト☆

【歌うこと        】【音楽鑑賞        】

【人前で堂々と話すこと  】【文章を書くこと     】

【ゲーム(据置、携帯機、PC)】【読書、マンガ      】

【カフェめぐり      】【一人旅         】

【ドラム演奏       】【ギター演奏       】

【ピアノ演奏       】【地元のグルメ食べ歩き  】

【映画鑑賞        】【海外ドラマ鑑賞     】

【ボードゲーム      】【ネットサーフィン    】

☆強みランキングトップ3☆

【トップ1】【歌うこと        】

【トップ2】【文章を書くこと     】

【トップ3】【人前で堂々と話すこと  】

こんな感じです。最初は、このぐらいざっくりで良いのです。

 

3つのタイプに自分を分類

次に、「好きなことリスト」の中から、「インプット」と「アウトプット」に分けて整理してみましょう。

例えば、音楽鑑賞やネットサーフィンは、「聞く」「見る」といった、情報を「取り入れる」行為なので、「インプット」。

ギター演奏や人前で話す事は、「演奏する」「話す」事で情報を「外に出す」行為なので、「アウトプット」、というように分類するのです。

そして、それらを踏まえた上で、あなたが以下の3タイプのうちどれに属するのか、考えてみましょう。

【1.インプット寄り型】(見る、聞く、読む、食べる、触れる)

【2.アウトプット寄り型】(見せる、話す、歌う、書く、作る)

【3.バランス型】(インプットもアウトプットも同じくらい得意)

例えば、あなた自身が書き出した、「強みランキングトップ3」のうち、3つとも「聞く」「見る」「食べる」といったような「インプット」であれば、あなたは「1.インプット寄り型」のタイプである可能性が高い、と考えられます。

ちなみに僕の場合は、「2・アウトプット寄り型」です。「歌う」「書く」「話す」という、「強みランキングトップ3」の全てがアウトプットであるからです。

それでは何故、こうした分類や、自己分析を行う必要があるのか?

それは、それぞれの3タイプによって、最適な「強み」の見せ方、つまり「目指すテレビ出演の仕方」が変わるからです。